前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 手術 費用の最新格安情報

2011.11.30

スポンサードリンク

前立腺がん 手術 費用のことがなんとなく気になりませんか?

Q:前立腺がんの治療法について、HIFU(ハイフ)を検討しています。ですが、県内に治療実施されている病院がありません。入院は0~4日間ということですが、入院までと治療後はどれくらい通院しないといけませんか?近隣県でも2時間はかかります。費用的にも全摘手術を行う予定で、自己血採取等着々と準備は始まっていますが、術後の尿漏れ等がどれほどのものか心配でなりません。70歳ですが、シルバーで務めており剪定やグラウンド整備等をしています。働くことが生きがいですので長期離脱になると職を失う不安もあります。全摘手術・ハイフ治療に知識ある方のご意見を伺いたいと存じます。
A:50歳代の前立腺癌患者です。私は昨年T2aN0M0、グリーソンスコア7で前立腺癌が見つかり、外照射の放射線治療を受け現在に至っております。質問者様のステージがよく分かりませんので一般的な回答になってしまうかも知れませんが、まず、治療はHIFUでなければならないのかどうかについてご検討いただいた方がいいかと思います。すでにご承知おきかと思いますが、HIFUは保険治療ではありませんし先進治療でもありませんので、HIFUで治療を受けた場合は100万円くらいの自費診療となります。また、治療後も数ヶ月に1度はPSAの上昇がないかどうかを検査する必要がありますので、当然通院も必要となります。(私の場合、現在は3ヶ月に1度の通院で最低5年間、PSAの上昇がなければその後は1年に1~2度、10年までといわれています。)手術を選択する場合は当然尿漏れとEDの副作用があります。尿漏れは手術直後は100%ですが、かなりの方が改善されて最終的には5%くらいの人が尿パッドが必要になると説明を受けました。(若ければ尿漏れしないとかいうことではないようです。)ところで質問者様は放射線治療は検討されていないのでしょうか?ステージや癌の悪性度にもよりますが、質問者様の条件ですと「密封小線源治療」は十分に検討するに値する治療法だと思いますが…。私もHIFU治療は選択肢に入れていましたが、泌尿器科、放射線科のお医者さんからいろいろご意見を聞いて外照射にしました(本当は密封小線源にしたかったのですがグリーソンスコアが7でしたので出来ませんでした。)。外照射治療ですと毎日通院する必要がありますが、1日当たりの治療時間はわずかですので、上手く予約を入れられれば治療をしながら勤務することも十分可能です。いずれにしろ、あとで後悔されないように自分でベストと思われる方法で治療を受けられるのが一番かと思います。前立腺癌の治療が成功したかどうか10年後でなければ分かりませんが、質問者様の治療が無事成功しますことをお祈りいたします。補足を拝見しての追記です私は外照射での放射線治療を選択しましたが、はじめはやはり手術が絶対だと思っていました。HIFUで有名な大学病院の先生を紹介してくれるという知りあいもいてHIFU治療も真剣に考えました。ところがセカンドオピニオンで大学病院の放射線科の先生のお話を聞いたり、いろいろ文献を読んだりしたところ、放射線治療でも手術でも前立腺癌の場合は治療成績には差がないこと、また放射線治療を選択した場合は手術の後遺症であるEDや尿漏れの症状が出る可能性が少ないことを知り、外照射を選んだのです。正直なところ私は密封小線源治療にしたかったのですが、グリーソンスコアが7であったため適用外でした。前立腺癌の場合日本では8割の人が手術を選択していますが、アメリカでは8割の人が放射線治療を選んでいるようです。質問者様は放射線科のセカンドオピニオンはお受けになっていますでしょうか?EDや尿漏れの後遺症が不安な場合は一つの選択肢としてもう一度考えられるのもよろしいかと思います。

泌尿器手術支援ロボ 県内民間初の導入 – 中日新聞

泌尿器手術支援ロボ 県内民間初の導入
中日新聞
傷口が小さくて済み、精緻な動きが可能だ。前立腺がん手術に用いた場合、術後の尿失禁や性機能障害が起こりにくくなる。導入費用は3億円。保険の適用外だが、同科の黒川覚史医師(36)は「手術の精度が高まり、回復が早まる」と話す。 2009年に薬事法上の承認を

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る