前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 原因関連の情報収集

2011.12.07

スポンサードリンク

前立腺がん 原因がちょっと気になっています。

Q:前立腺がんの診断を受けました。T2b、グリソンスコア9です。骨シンチ、MRIでの転移なしとのこと。全摘手術か放射線治療かまよっています。迷う原因は尿漏れが心配で・・・。尿漏れより命を心配する状況ですか?近所のクリニックでの診断で、近く治療病院、治療方針を決めるよう言われています。尿漏れはかなりつらいものなのでしょうか?
A:腫瘍が先端までしっかりある場合は、尿道括約筋も一部とる必要があります。いずれにしろ術後の尿漏れはほとんど必発と考えるべきです。術後の回復は、年齢や基礎疾患にかなり影響されます。多くの場合は、数ヶ月でパンツにティッシュを入れるだけで間に合うことも多いです。グリソンスコアは決して安心できない値ですので、尿漏れの心配より命を優先すべきだと私個人は思います。手術療法と、ホルモン~放射線療法の、今の段階での治療効果をきちんとデータで示してもらい、後悔のない選択をする必要があります。(心配なら術者の経験症例数もお聞きになるとよいと思います)

性機能回復に効く「亜鉛」を摂るには牡蠣、大豆、豆腐、鰻等 – NEWSポストセブン

性機能回復に効く「亜鉛」を摂るには牡蠣、大豆、豆腐、鰻等
NEWSポストセブン
体内の亜鉛含有量が一番多いのが前立腺であることから、生殖機能や性機能に関係が深いことがわかる。 亜鉛が不足すると、生殖機能の不全、前立腺炎、糖尿病、免疫不全、味覚障害、毛髪の異常、皮膚病、高血圧、動脈硬化などの原因となる。性機能にかぎれば、射精能力の

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る