前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 自覚症状についての関連情報

2011.12.10

スポンサードリンク

前立腺がん 自覚症状のことがなんとなく気になりませんか?

Q:前立腺がんについて教えてください。てきれば自覚症状や死亡率なども。身内が健康診断でひっかかり、年末の再検査したところ、2月に検査を兼ねた手術をすることになりました。現在は病院からもらっている薬を服薬しています。身内が頑なに詳しい話をしてくれないので、イマイチよくわからないのですが、この状態だと既にがんなんでしょうか?それともまだ検査を兼ねた手術をしてみないとがんかどうかわからない状態なんでしょうか?手術の同意書は実の兄弟にサインしてもらったようです。検査手術の翌日には退院可能なようです。もし前立腺がんだったとしたらどのような治療をするのですか?
A:私の父も去年患ったので、その経験からアドバイスします。前立腺ガンは男性ホルモンが作用しすぎて、前立腺が肥大化して起こる病気と考えて良いでしょう。初期の自覚症状はあまり無く、唯一あるとしたら“頻尿”や“排尿時の不快感”である事ぐらいなので、気がついたら転移していたという事も少なく無いようです。前立腺ガンかどうかは、尿検査でまず目星をつけるみたいです。これは尿の中にPSAというタンパク質が異常に増加するからなんですが、この検査だけだと前立腺肥大症など間違えてしまう可能性もあるので、前立腺の細胞をちょっと摘み出してシッカリ検査して確定がでます。前立腺ガンが確定した場合の治療法は、①手術して患部を切除。②ホルモン剤と放射線療法の併用の2つあると、父の主治医は言っていました。ですが、①の方法は予後が悪いと言われています。私の父は幸いにも②の方法で治療を進めました。ホルモン剤を飲みつつ、1ヶ月半くらい毎日患部に放射線を当てます。これにより、ガン細胞の死滅と前立腺自体の肥大化の抑制・縮小化をします。まぁ~ホルモン剤は2年間くらい毎日飲まなければいけませんけどね。副作用としては、放射線を当てる事によって起こる失禁・性機能障害。ホルモン剤による、乳房の女性化があります。

アステラス製薬(4503) 前立腺がん治療剤。(みずほ証券) – 兜町ネット (プレスリリース)

アステラス製薬(4503) 前立腺がん治療剤。(みずほ証券)
兜町ネット (プレスリリース)
アステラス製薬(4503)が11月4日に発表した前立腺がん治療剤「MDV3100」の臨床試験第3相試験の良好な結果を受けて、みずほ証券は11月16日に投資判断を「中立」→「買い」に、目標株価も3050円→3600円に引き上げた。 MDV3100は2013年3月期の米国発売を見込み、2016年3月期

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る