前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 小線源治療を調べました

2011.12.11

スポンサードリンク

前立腺がん 小線源治療について調べてみました。

Q:【前立腺がんの治療方法について】教えてください。父(64歳)が前立腺がんと診断されました。グリソンスコアは3+3の6で、PSA値は7.4です。担当医師の方には、全部摘出するか放射線治療か、ホルモン治療があると言われています。私もネットで情報をいろいろ集め調べてみたのですが、「小線源治療」もしくは「HIFU(ハイフ)」が体に負担もかかりにくくいいのではないかと思っています。紹介して頂ける予定の病院にもこれらの治療法があるらしく、グリソンスコアとPSA値からいくとこれらの治療をうけることは可能だと思います。ただ診断書をみると「小型腺管の浸潤性増殖を認める」と書いてあります。浸潤性の前立腺がんの場合、これらの治療法を選択することはできるのでしょうか。ちなみに明日転移の有無の結果を聞きにいきます。結果を聞くタイミングで、担当医師に治療法の相談をしようと思っています。専門的なことではなくても、何でもいいです。ご意見を聞かせてください。よろしくお願いします。
A:私は7年前63才の時にに前立腺がんの手術をしました。 定期健診でPSAが6位でしたが、念の為に生検(組織を採って調べる事)をした所癌が有ると言われました。 6ヶ月程抗がん剤の注射をしながら、その間にインターネットで調べてHIFU(ハイフ)と言う手術を受けました。 生検は地方の病院では4日入院しましたが、東海大八王子病院(八王子市)では日帰りで出来ました。車で行って、その日の内に車で帰れます。 私もがんと言われた時には真っ暗な気持ちになりましたが、癌に負けてたまるか ! と、自分で色々調べました。 前立腺がんは進行が遅い癌の為に有る程度高齢ならば何もしないで定期検査だけ受けながら様子を見る事も有ります。 切除が一般的ですが、体力が落ちる。尿漏れが残ってしまう。勃起不能に成る。等の可能性が有ります。放射線で体外から焼く方法は、膀胱や直腸が被爆して血尿が出たり、毎日長期間の通院が必要です。男性ホルモンを止める抗がん剤は癌の進行を大幅に遅らせられますが、毎月2万円以上の費用支払いが要りました。最近の新しい方法では、間寛平さんのやった、小線源療法(放射性カプセルを前立腺内に数10個体外から針で差し込む方法で、体力の低下や、副作用が少ない様ですが、日数はそこそこ掛る様です。保険がききます)私のやったHIFUは、日帰り~4日の入院で済み、身体へのダメージはほとんど有りませんでしたが、まだ対応できる病院が限られるのと、保険が利かず100万円かかります。しかし、5日目から働けるのと、その後は、抗がん剤やサプリメントを禁止されたので、後の経費はほとんどいらず、手術代だけで済みましたので必ずしも高価だと感じなかったです。癌の治療では、100%完治する方法は有りませんが、早い内に処置すれば死亡する様な事は有りませんよ。 頑張って下さい。病院で情報を集めようとしても、自分の病院がやって居る方法が一番良いと言いますので宛に成りません。私の調べた事や、経過の詳細を知りたければメールで連絡を取り合う事も可能です。( フリーメールyamaneyot@yahoo.co.jp タイトルに、「前立腺がん」と書いて下さい)

ノーベル賞詩人パブロ・ネルーダの死因再調査で遺体発掘か チリ – CNN Japan

ノーベル賞詩人パブロ・ネルーダの死因再調査で遺体発掘か チリ
CNN Japan
サンティアゴ(CNN) チリ共産党が、1973年に死去した詩人パブロ・ネルーダ氏の死因再調査に際して遺体を発掘し調査するよう当局に求めている。 パブロ・ネルーダ氏の死因は前立腺がんとされているが、同氏の元運転手は、治療を受けていた病院で毒物を注射投与され
ノーベル文学賞受賞者の詩人、P・ネルーダ氏の遺体掘り起こしMSN産経ニュース

all 2 news articles »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る