前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 死亡率の口コミ情報

2011.12.13

スポンサードリンク

前立腺がん 死亡率について調べてみました。

Q:前立腺がんの治療の功罪についてできたら医療関係者にお聞きします。私はPSAが高く強く医師より疑いがあると言われました。今後の検査の受け方に迷っています。国立がんセンターの説明では「16.前立腺がん年齢別にみた前立腺がんの罹患率(りかんりつ)は、60歳代後半から増加します。罹患率の年次推移は、1975年以降増加していますが、その理由の1つは、Prostate Specific Antigen (PSA)による診断方法の普及によるものです。この方法によって、従来の直腸指診では困難であった早期のがんが発見されるようになりました。死亡率の年次推移は、1950年代後半から1990年代後半まで増加し、その後横ばい状態です。罹患率の国際比較では、日本人は欧米諸国およびアメリカの日系移民より低く、欧米諸国の中ではアメリカ黒人の罹患率が最も高い傾向があります。」このことから、PSAの検査により患者は増えているが、死亡者は変化ない。これでは医療効果がないということですか?医者が治療の必要の病気を治療していることですか?
A:確かに前立腺癌は多く、別の病気で死ぬまでわからないことも多いですが骨に転移しやすいことが知られています。その統計データの読み方としては、平均寿命が長くなっていくなかで「死亡率の増加をくいとめている」という点を評価すべきと考えます。多くの患者を早期発見できるようになり、90年代から治療法が進歩したため(外科的切除に加え、ホルモン療法や放射線治療など)よい治療ができるようになったため死亡率が低くなっていると考えます。

北斗星(11月26日付) – 秋田魁新報

北斗星(11月26日付)
秋田魁新報
「放置すれば、がんになるかもしれないポリープだった」と医師。これでがんを免れられるなら、お安いご用というものだ ▼昨年の本県のがん死亡率は14年連続で全国ワースト。新たにがんと診断された患者は7500人余で、部位別では大腸が3年連続のトップだった。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る