前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 再発についての関連情報

2011.12.15

スポンサードリンク

こんにちは、今日は前立腺がん 再発についてです。

Q:知り合いが胸椎12番目を圧迫骨折しました。12月24日です。病院では背中に穴を開け、セメントみたいので固める方法を説明されました。1月6日に手術をなりましたが、前立腺がんのためか血液状態が悪く、脂肪肝もあり、なかなか手術が決まらず現在に至っています。また、以前脳梗塞をしているために、麻酔科に再発の可能性も言われました。ボルトで留めるので輸血も必要な場合もあり、傷も残るとの事。本当は整形外科と泌尿器科と消化器科のある近くの大きな病院に転院をしたいのですが、言い出せずにきてしまいました。現状ではどうすればいいのかわかりません。どなかか助言お願いいたします。
A:現在の医療では、訴訟問題の絡みで起こりうる危険性は、確立がかなり低くてもキツめに説明するのが現状です。実際、脳梗塞の再発などは経験した事がありません。ただ、患者さん・家族の方は、やはり100%安全な医療はないと言うことを認識して頂きたいと思います。お酒・タバコ・食事etc、好き放題やってきた患者さんと、健康に気を使ってきた患者さんでは、おんなじ手術でも、やはり危険性はぜんぜん違いますよ。話しの内容だけでは何とも言えませんが、圧迫骨折に対してセメント治療を行っており、麻酔科の先生による診察が手術前にあった、という時点で、そちらの病院は十分立派な病院だと思います。

内科外科一体の医療活動 福井大が附属病院再整備計画 – MSN産経ニュース

内科外科一体の医療活動 福井大が附属病院再整備計画
MSN産経ニュース
心・脳血管障害、消化器など疾患別に5センターを新設し、内科、外科が1フロアで患者の治療に当たる。既設の周産期母子医療センターとあわせて6センター体制となる。 集中治療室(ICU)の増床のほか、最先端の画像診療装置、前立腺がん治療のロボット手術などを導入

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る