前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 生存率の最新情報

2011.12.17

スポンサードリンク

前立腺がん 生存率について調べてみました。

Q:前立腺がんの治療方法等について、教えてください。父(65歳)が、前立腺がんと診断されました。PSA(正常値4.0以下)が、70近くの数値が出たため検査をしたところ、8ヶ所検査して8ヶ所すべて、ガンと診断されました。そのうち2ヶ所が、骨盤のリンパに転移していました。来週に他の臓器や骨にまで転移がないか、調べますが、家族としては、骨盤のリンパまでの転移状況どまりであることを祈っています。今の状況だけで、生存率や治療法などを教えてください。大阪または、関西で前立腺がんの治療で評判のいい病院などわかれば教えてください。尿が出にくくなる、排尿回数が増える等の前立腺がんの症状はありますが、どこも痛みもなく、毎日外で、畑仕事をし、元気にしています。
A:泌尿器科医です。今の状況で、抗男性ホルモン療法がおこなわれているかと思います。この治療法だけの場合、予後は約3年ほどになります。癌の異型度や治療抵抗性の有無により、もうすこし長くなる場合もあります。手術を行った場合も根治には至る可能性は低いのです。しかし手術と抗男性ホルモン療法を組み合わせた自分の患者さんの多くが、5年以上生存されています。転移が骨盤内リンパ節に留まっているのであれば、ぜひとも手術を受けられる事をおすすめします。多臓器に転移されている場合、手術されても予後は改善しないかもしれません。

前立腺がんにもクーポン券 – 朝日新聞

前立腺がんにもクーポン券
朝日新聞
市健康福祉部によると、県内の市町では初めてで、国内でも例がないという。 前立腺がんは、加齢に伴って多く発生し、60歳以上で罹患(りかん)率が上昇している。同部によると早期発見・治療すれば治りやすいとされ、早期手術の10年後の生存率は80%以上といわれる
前立腺がん:検診、無料券を発行へ--日光市 /栃木毎日新聞

all 3 news articles »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る