前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 末期の最新ランキング

2011.12.19

スポンサードリンク

前立腺がん 末期について調べてみました。

Q:祖父が熊本の地域医療センターで癌手術(胃がん・前立腺がん)のため入院しています。いま知恵袋を見ていましたが、地域医療センターは『ホスピス』にあたるんですよね?少し調べたら末期癌に対する治療をするとか…。今日『ホスピス』を初めて知り、祖父は末期癌なのかと動揺しています。熊本から離れて暮らしているため詳しい事は聞けていません。胃がんは手術すれば治る、前立腺がんは検査中と聞いたままです。『ホスピス』とはなんですか?末期癌以外の患者もいますか?大変無知な質問で申し訳ありません。こんな奴に教えて下さる方がいれば教えてください。
A:祖父様が入院されている病院は、「熊本地域医療センター」でしょうか。こちらでしたら、熊本市医師会が運営されている総合病院です。熊本市から委託され、夜間救急医療もやっています。「ホスピス」とは、治療の当てがなく余命いくばくもない、患者の最後の安息に満ちた施設です。主に苦痛の緩和医療が中心になります。祖父様が入院された病院が先の施設でしたら、一般診療科・一般病棟とは別に「緩和ケア病棟」が10床ほどあるようですね。これから手術を控えている義父様が、緩和病棟に入院するはずはありえません。一般病棟でしょう。地域医療センターが「ホスピス」にあたるは間違いです。携帯で見られましたら、下記「熊本地域医療センター」のHPです。義父様をどうぞお大事に・・・・。

がんの早期発見に期待!血中アミノ酸で画期的検査 – ZAKZAK

がんの早期発見に期待!血中アミノ酸で画期的検査
ZAKZAK
三井記念病院(東京)の山門実・総合健診センター所長の言葉に力がこもる。 この検査は「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)」と呼ばれる。味の素が独自開発した技術を臨床応用したもので、現在は、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がんを

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る