前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 生存率の新着レビュー

2011.12.21

スポンサードリンク

こんにちは、今日は前立腺がん 生存率についてです。

Q:前立腺がんについて教えてください。父72歳が前立腺がんと診断されました。PSAの数値が34。グリーソンスコアは8~10がありました。前立腺生検では12箇所中8箇所が癌であるといわれました。今後、CTと骨の検査を行い、治療方針を決定すると先生には言われました。転移の可能性、手術の方法、又、生存率、はどれくらい生きれるのか、教えてください。
A:参考になれば、今わかっている検査結果でPSA34、グリソンスコア8-10というのは前立腺がんの中でもハイリスクグループに分類されます。癌を根治することが困難であると考えられます。ご指摘されておりますが、CT検査、骨シンチの結果でまず全身の転移の有無を確認した後に治療が決定されます。前立腺がんに対する治療は①手術②放射線治療③ホルモン治療④抗癌剤治療①他臓器転移がなければ、手術の選択肢もあるかもしれませんが、手術のみでの根治は難しいと考えます。手術の方法としては、前立腺全摘除術でアプローチの方法として開腹と腹腔鏡があります。前立腺を全て摘除した後、膀胱と尿道を吻合する手術です。②放射線治療にしても、単独での放射線治療ではなくホルモン治療と併用となるでしょう。③前立腺がんは非常にホルモン治療に反応します。しかし、年齢的に最初からのホルモン治療単独ではなく放射線治療との併用がよいかもしれませんね。④抗癌剤についてはホルモン治療投与後となるでしょうから、いきなり抗癌剤治療から開始するものではありません。生存率、転移の可能性についてはいまわかっている情報だけではわかりません。補足後ハイリスクであれば5年生存率で80%程度です。転移なしで5年生存率で90%前後転移ありで70%前後というところでしょうか。あくまで参考です。

前立腺がんにもクーポン券 – 朝日新聞

前立腺がんにもクーポン券
朝日新聞
市健康福祉部によると、県内の市町では初めてで、国内でも例がないという。 前立腺がんは、加齢に伴って多く発生し、60歳以上で罹患(りかん)率が上昇している。同部によると早期発見・治療すれば治りやすいとされ、早期手術の10年後の生存率は80%以上といわれる
前立腺がん:検診、無料券を発行へ--日光市 /栃木毎日新聞

all 3 news articles »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る