前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 再発を調べました

2011.11.03

スポンサードリンク

前立腺がん 再発について調べてみました。

Q:【前立腺がんの治療方法について】教えてください父(72歳)が前立腺がんと診断されました。グリソンスコアは4+3で7、PSA値は22.7、ステージT3aです。現在、ホルモン療法を始めてから3ヶ月程経過しています。担当医師の方からは、治療方法として ホルモン療法→手術(全摘除術)→ホルモン療法の順で行うと言われましたが、重粒子線治療も手術と同等の効果があるので、重粒子線治療についても、考えて見てくださいと言われました。それで、重粒子線治療の担当医の方の診察を受けたのですが、どちらがすぐれてるかが結局わかりませんでした。やはり、ほとんど再発率等を含めて同等の治療法なのでしょうか? なお、体の負担は、手術の方が大きいのは理解してますが、父は健康のため、手術の体の負担は特に考えてません。また、重粒子線治療の方が治療費が約350万円と非常に高額ですが、金銭的な事も選択する際に特に、考慮に入れてません。手術と重粒子線治療のどちらが治療法として最善なのでしょうか?個人的には、手術ができる場合は、原則手術を行うの原則とも本に記載してあったので、手術かなとも思ってます。
A:リクエストありがとうございます。申し訳ありませんが、私は重粒子線については治療経験がありません。そのため参考となる答えができないと思います。しかしわたしは個人的には手術をお薦めします。手術ができない理由が見当たらないからです。手術をしても被膜外浸潤のため、おそらく術後の補充療法(ホルモン療法)が必要になりますが、手術後の病理結果を参考に適切な時期に開始できるため、予後に期待が出来るからです。対して重粒子線治療は新しい治療法です。重粒子線治療がそうだとは限りませんが、過去にいくつも"画期的な治療法"が宣伝され、実際行ってみるとそうでなかったという事がありました。新しい=合併症や治療の信頼性が判明するのは今後の事という事です。10年後、15年後を考えると、手術が無難ではないかと思われます。

前立腺がん

エフケー光学研究所と北大、がん化細胞を光で判定する技術開発-細胞シート量産に道 – 朝日新聞
エフケー光学研究所と北大、がん化細胞を光で判定する技術開発-細胞シート量産に道
朝日新聞
光の屈折率からがん化している細胞を見分ける。ヒトの前立腺と肝臓の細胞を使った実験で、正常細胞とがん細胞の違いを判別できた。がん化した細胞の混入を防ぐための検査工程が効率化され、再生医療に用いる細胞シートを量産できるようになる。 再生医療ではiPS細胞や

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る