前立腺がん原因・前立腺がん自覚症状・前立腺がん治療

前立腺がん 放射線治療 副作用についての記事紹介

2012.01.01

スポンサードリンク

前立腺がん 放射線治療 副作用のことがなんとなく気になりませんか?

Q:今年に入り知人(72歳男性)が前立腺がんを患っているのが分かり、現在治療中です。検査の結果骨への転移はなく、ホルモン注射と放射線治療をしていましたが、数値が再び上がり始めたので入院で抗がん剤治療。同時期右足にむくみが見られたので検査したところ異常はなく、抗がん剤の副作用かと言われていました。現在3ステージ中の2ステージ終了、一時退院中です。ところがこの退院時に、医師から「右足のむくみはリンパ節へのがんの転移が原因かもしれない」と言われショックを受けています。4日に血液検査をして次の治療を決めるそうですが、リンパ節への転移があると、治癒はむつかしいのでしょうか。抗がん剤の副作用でむくみがでることはあるのでしょうか。よろしくお教えください。
A:質問の前半部分を読んだ時点でリンパ節転移かな~と思いました。抗がん剤の副作用でむくみが出ることはあるでしょうが右側だけというのが気になります。やはり右側のソケイ部リンパ節等への転移を疑います。リンパ節への転移があると治癒は難しいかと思います。

第1部・専門医(対談)放射線・薬治療、発展続く – 読売新聞

第1部・専門医(対談)放射線・薬治療、発展続く
読売新聞
まず、放射線治療の進歩についてうかがいます。 伊藤 前立腺がんでは、放射線を出すカプセルを前立腺に埋め込む小線源治療が普及し、がんを治す目的での治療がずいぶん増えました。頭 頸 ( けい ) 部がんでは、副作用が軽減され、肺がんのピンポイント照射も広がりつつ

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

サイトについて

前立腺がん予防・生存率総合情報サイトは、前立腺がん治療でお悩みの方に東洋医学である漢方を中心とした代替医療の情報サイトです。癌治療で知られる西洋医学の三大療法(外科療法、化学療法、放射線療法)は体に負担が多く、副作用によって命の危険性もあります。 しかし、東洋医学での癌治療は、カラダに負担をかけず、自らの免疫細胞を活性化させることで、癌細胞と小さくしたり、時には消滅させることも可能です。 当サイトは、東洋医学という日本ではあまり知られていない治療方法で、前立腺がんの予防に効果のある漢方、食品、治療方法、体験談などを紹介しています。

プロフィール:

ラルフ次郎。親戚が前立腺がんと診断され、食事療法のための情報を 集めています。その他、前立腺がんの最新医療情報も掲載。
ページ上部へ戻る