肺がん 進行で生き延びる方法

スポンサードリンク

肺がん 進行がちょっと気になっています。

Q:我が家に来て13年のワンちゃんのことです。最近食欲も元気もないので受診したところ、肺がんになってしまっていたことが分かりました。あと2カ月ですと宣告されてしまいました。手術や抗がん剤治療はワンちゃんにとっても大変つらいことなのでお医者さんと相談してお薬で進行を遅らすのと同時に食欲の出るお薬もいただいて飲ましているのですが、それらをも拒否したりします。蒸したササミはなんとかたべるのですが、それもごく少量です。水分もあまりとりません。いろんなドックフードを試しましたがだめでした。何かいい方法はないか教えてください。
A:わんちゃんはニオイでごはんをたべる生き物なのでニオイの強いものがあると食欲がでるようです。デビフというドッグフードの缶詰のシリーズでレバーとかどうでしょう?本当はよくない食べ物ですが、ケンタッキーなんかもニオイがつよくて、病気療養中の友人のわんこさんは食欲がおちると最後の手段としてケンタッキーをすこし食べさせたりしていました。かつおぶしとか粉チーズとかにおいのよいものを試してあげてください。マッサージをしたりして身体のつらさをちらしてあげたり・・・主さんもおつらいでしょうけれど、わんちゃんがすこしでもつらくなく過ごせますように、介護がんばってください。

日本医師会テレビ健康講座(鳥取県) 「たかが肝炎と侮るなかれ~ウイルス検査で早期発見・早期治療が決め手!~」をテーマに – 日医ニュース


日医ニュース
日本医師会テレビ健康講座(鳥取県) 「たかが肝炎と侮るなかれ~ウイルス検査で早期発見・早期治療が決め手!~」をテーマに
日医ニュース
VTRに出演した村脇義和鳥取県医師会理事・鳥取大学医学部教授は,肝臓の働きについて解説した上で,「日本の肝臓病の多くは肝炎ウイルスが原因だが,肝臓は沈黙の臓器と言われ,肝障害が起きても症状が出ないことが多いため,知らないうちに肝硬変や肝がんに進行する危険 岡本会長と共に出演

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る