肺がん 余命で明暗

スポンサードリンク

肺がん 余命について調べてみました。

Q:兄、年齢40才。一ヶ月位前の検査の結果、肺がんと診断されました。どうやら、肝臓にも転移している状態です。医師からは、余命1〜2年と宣告されました。8/9から抗癌剤治療が始まりますが、やはり手遅れでしょうか?何とか完治とは言いませんが、少しでも永く生きる方法は無いでしょうか?お願い致します。
A:治療ではありませんが、日常の生活のなかで今までは当たり前だったことを見直してみては?「はなちゃんのみそ汁」という本を書かれたがんの女性は、病気がわかってから「白米→玄米」にしたり小魚や野菜など皮や骨など有機のものをまるごと食べるようにしたそうです。詳しい内容や意味は忘れてしまったのですが、読んでみて無駄はないと思います。そして、がん細胞は低い体温で活発化します。なるべく暖かくしてください。症例で、がんの人が「マラリア(高熱の出る伝染病)」に感染し40度くらいの高熱が続いたあと癌細胞が消滅していたこともあるほどです、医学も大事ですが患者さんも出来る事はされた方がより良い方向へ向かうのではないでしょうか?早寝早起きなど基本的なことが大事みたいです。お大事になさってください。長くなりすみません。

肺がんの進行を遅らせるのはどの降圧薬? – Medical Tribune (登録)

肺がんの進行を遅らせるのはどの降圧薬?
Medical Tribune (登録)
放射線治療(RT)は,局所進行または手術不能な非小細胞肺がん(NSCLC)患者にとって重要な治療法であるが,陽子線治療などの最新のRT技術を駆使しても5年生存率は15%以下と依然低いままだ。ところが,ある降圧薬を服用していたNSCLC患者では,降圧薬を服用し

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る