肺がん 3bの人気高まる

スポンサードリンク

肺がん 3bがちょっと気になっています。

Q:高齢の父親が肺がん治療で入院しましたが、退院を促せれています。入院後抗がん剤治療を予定していましたが、治療前に認知症の疑いで退院を促せれています。ガン治療に加え認知症のケアをしなくてはならないのですが、どのようにしていこうか迷っています。ステージは3bで主治医は早急な治療を訴えていました。すぐに転院など出来るのもなのでしょうか?転院してすぐに対処出来ればよいのですが、それが無理な場合、他の手段がないか考えているのですが・・・。どなたか教えていただけたら助かります。
A:認知症の症状がひどいと言うことで退院を迫れれているのでしょうか?お父様の認知症の程度はどの程度でしょうか?病院のベットで寝ていることはできますか?点滴を抜いたりはしませんか?大声を出したり、病棟を歩き回ったりはされませんか?認知症の程度によっては、今後の治療が困難な場合があります。まずは、転院可能な病院がないか、現在の病院の相談室に相談されてみてはいかがでしょうか。

24年度上半期の医療事故 県立3病院で計1276件 栃木 – MSN産経ニュース

24年度上半期の医療事故 県立病院で計1276件 栃木
MSN産経ニュース
肺がんの手術で、病巣部を切り離した際、声帯の神経を損傷した事故だった。 4番目の「濃厚な処置や治療を要した」(レベル3b)事例は岡本台病院で6件あり、看護師が患者の検温で入室した際、患者が外へ出ようとしたので制止したところ、突き飛ばされてドアに当たり、看護師

and more »

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る