イレッサの人気高まる

スポンサードリンク

こんにちは、今日はイレッサについてです。

Q:肺腺がんⅡAと術後の病理結果で診断が出ました。病理検査の結果を聞きに行って、すぐその場で治験をいきなり勧められました。まだ標準治療と認められてない、イレッサかナベルビンとランダの点滴かコンピューターがどちらかくじで決めるのだという。いきなり治験を勧められ、引いてしまいました。分子標的薬や抗ガン剤でなく、免疫療法も視野に入れ考えはじめましたが、民間の自由診療だと高額だし、大学の臨床試験だと受け入れてくれるかどうかわかりません。お勧めの治療法、または提案がありましたら、教えて下さい。
A:まず、民間の自由診療はおすすめしません。その多くが効果がないばかりか体に害をなすものだからです。標準的な治療が有効なIIaですので普通の治療を行いましょう。(もし、標準治療が効果がない段階ならばいろいろと試すのもありですが・・・)治験を受けるのは断れますし、断っても問題ありません。その治験ではイレッサの優位性を出したいのだと思われます。東洋人、女性、非喫煙者、EGFR遺伝子変異ありなどの条件がそろっていれば非常に有効な治療ですので、治験を受けるのも悪くないかもしれません。確立は1/2ですが、違う方を引いても標準治療を受けられますし。

《996》 近藤理論の反論すべき点 – 朝日新聞

《996》 近藤理論の反論すべき点
朝日新聞
あのイレッサにしても、もの凄く効いた知り合いがいました。 その方は、がん患者会の代表でした。 「余命2カ月と言われて7年経ちますがこのように元気です!」 元旦のNHKテレビの討論会で、そう言って笑わせていました。 イレッサが著効したのです。 宝くじなら1億円当選、競馬

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る