アバスチン 肺癌の最新情報

スポンサードリンク

アバスチン 肺癌について調べてみました。

Q:父の肺がんの予後について父の肺癌の予後のついて以前、父の癌のことでいろいろと質問させていただいたんですが、今日入院し、いろいろと分かったので、再度質問させてください。(父の状況)1. 2年前に肺の腺がんと診断、右の中葉と下葉を切除。その後、術後化学療法としてUFTを1年以上服薬2. 今回、PET-CTにて右の上葉付近に影があるということで生検。そのときは3カ所の病変とのことでしたが、今回、胸膜播種のステージIV、重粒子線、放射線も適応外との説明。(緩和ケア的な効果しかないとのことでした)3. 今後はカルボプラチン、パクリタキセル、アバスチンの3剤で化学療法をスタート。その後QOLを高める努力をしながら治療を行うとのことでした。進行性のようで、広がりも早いようです。まだ右肺以外には転移していないとのことです。このような状態ですが、このような状態で3年生きることもあるのでしょうか。基本的には、1年をちょっと超えるくらいの治療成績と聞きましたので、1年前後くらいとの覚悟を家族もしていた方がよろしいでしょうか。(実際には大きな前後もあると信じたいとは思いますが……)今のところは大きな症状もなく、そこまで体調も悪くはないようですが、急激に進行するとあっという間に痛々しい状態になると聞き、つらく思っています。
A:はっきりいって、良くないです。肺癌の末期は見てられないほど苦しまれることが多いので、QOLを第一に残された時間を大切にされるのがよろしいかと。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る