[東北地域]肺がん治療 名医の調査

スポンサードリンク

東北地域の肺がん治療の名医を調査しました。
 
推奨文献
2005年10月 松井宏夫著『この病気にこの名医』より
2013年06月 プレジデントより
 
東北大学病院
呼吸器外科
近藤丘 教授
 
東北大学病院は、心、肺、肝、腎、膵、小腸、角膜、皮膚と、
わが国で実施されている臓器移植の全てが実施できる施設として
認定されています。このような臓器移植を円滑に実施し、
期待される成果をあげるためには、移植手術に関連する診療科
ばかりではなく、手術室、重症病棟、検査部門、放射線部門、
病理部門そして事務部など、院内のさまざまな部門の力を総合的に
結集することが不可欠です。
 
臓器移植医療部は、このような病院内の横断的な
協力態勢の構築と維持、そしてレシピエントコーディネーターを
通しての臓器移植を希望する方、登録をして臓器の提供を
待機している方、そして臓器移植を実施した方、それぞれの
医学的、社会的、精神的なサポートを実践するための組織として、
平成14年4月に東北大学病院内に設置されました。
 
以来、脳死ドナーからの臓器移植実施体制の整備のみならず、
平静18年10月の高度救命救急センターの開設をうけて脳死下での
臓器提供に備えた体制の整備や院内の臓器移植の啓発活動に力を
注いできました。現在は、部長(兼任)、副部長、コーディネーター
3名と事務職員2名という少人数で頑張っています。
東北大学病院 近藤丘 教授コメントより引用

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る