肺がん 初期の濃い情報

スポンサードリンク

肺がん 初期のことがなんとなく気になりませんか?

Q:小細胞肺がんの生存率はどのくらいですか?ちなみに母は初期発見で、抗がん剤治療を受けています。
A:小細胞肺がんの場合には、非細胞肺がんのⅠ期にあたる「早期限局型」、非細胞肺がんのⅡ期とⅢ期にあたる「限局型」、非細胞肺がんのⅢB期、Ⅳ期にあたる進展型にわけられます。http://haigan.info/%e8%a8%ba%e6%96%ad/%e8%82%ba%e3%81%8c%e3%82%93%e3%81%ae%e7%97%85%e6%9c%9f%e8%a8%ba%e6%96%ad/病期は進行に合わせて「限局期」と「進展期」の2つの分類が用いられます。早期の「限局期」では、外科手術により肺がんを切除する「外科手術療法」と抗がん剤を用いた「化学療法」が行われます。後期の「限局期」では、「化学療法」と放射線を用いた「放射腺治療」を組み合わせて行われ、「進展期」では、「化学療法」が行われます。「小細胞肺がん」の場合、その進行速度の速さから早期に発見されるケースは少なく、基本的には「外科手術療法」はあまり行われません。「限局期」に「放射線治療」と「化学療法」の合併療法を受けた場合2年生存率:約50%3年生存率:約30%4年生存率:約25%「進展期」に化学療法を受けた場合3年生存率:約10%これらは、統計学的なデータであるため、個人によって生存率・治癒率も変わってきます。http://haigan.info/%E8%82%BA%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E7%8E%87%E4%BA%88%E5%BE%8C/%E5%B0%8F%E7%B4%B0%E8%83%9E%E8%82%BA%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%AD%98%E7%8E%87%E4%BA%88%E5%BE%8C/

富士フイルム、肺がん対象に画像診断をサポートする類似症例検索システムを発売 – 日本経済新聞 (プレスリリース)

富士フイルム、肺がん対象に画像診断をサポートする類似症例検索システムを発売
日本経済新聞 (プレスリリース)
肺がんは、がんの中でも進行が早く、最も死亡数が多い疾患(※4)です。そのため、初期の診断が重要で、肺がんの疑いがある患者に対してCT検査を行う際、画像診断医には、陰影の大きさや性状などから肺がんの可能性が高いか否かを正確かつ迅速に判断することが求め

and more »

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る