肺がん 骨転移のテクニック

スポンサードリンク

肺がん 骨転移について調べてみました。

Q:肺がんかサルコイドーシスか?39歳、女、喫煙歴1日10本×20年現在までの状況をまとめてみました。病院の先生にちゃんと聞けと言われるのは充分承知しております。不安もあり、下記内容から何か推察出来る事があるのであれば教えて頂きたいと思い投稿しました。よろしくお願い致します。◆9月末に健康診断の結果が戻ってきました。 「右上肺野浸潤影」で要再検査となっていました◆10/17に総合病院にてCT撮影。◆10/31の診断で「肺がんかサルコイドーシスか結核かもしれない。リンパ節の腫れも気になる」 と言われ、11/7にPET検査、11/18-20で入院検査(気管支鏡検査)となりました。◆11/7 外部機関でPET検査。 その際問診をして頂いた先生(大学病院の医師)にCTを見て頂き話を伺った所 「十中八九肺がんだと思います」とのこと。 11/10にその先生の病院で気管支鏡検査を受けることになりました。(総合病院はキャンセル)◆11/10 大学病院にて診察。 11/17に胸部CT、11/26に脳MRIを予約。その後、気管支鏡検査。◆11/14 総合病院にPET検査の結果を聞きに(頂きに)いきました。 右肺にはっきりと二カ所、左肺に淡く二カ所に影がうつっていました。 が、それより驚いたのがリンパ腫大がすごかったということ。 胸のあたりは真っ赤でした。 PET所見には「悪性リンパ腫や肺がんの疑いも捨てきれないが最も疑わしきはサルコイドーシス」と書かれていました。 リンパが腫れてはいるが、多の臓器に何も影響していないような事がかかれていました。(うろ覚えです) 多の臓器への転移や骨転移もPETからは見受けられない旨もかいてありました。◆11/17 大学病院で診察。 気管支鏡検査でがん細胞が検出されなかったことを知らされました。 医師は「でも肺がんなので針生検をやりましょう」とのこと。 病院から連絡あり次第、二泊三日の検査入院となっています。 その際、PETの書類とCDを渡しました。 リンパ節の腫れを見られて「サルコイドーシスかも、、」とおっしゃられ入院検査時に眼の検査もすることになりました。 ※眼のかすみがひどく、焦点が合わない事がここしばらくあります。 眼の端に小さな黒い毛糸のようなものが飛んでいるように見えることもあります。 その他の自覚症状はありません。
A:ご察しの通り、医師に相談すべき問題ですから専門的な単語でしか話せません。簡単にいうと、がんというのは、無限に無秩序にふえて、正常細胞に危害をおよぼす細胞の塊です。リンパ腫は血液系の細胞のがんサルコイドーシスは肉腫(繊維が増えるがん)がんは上皮細胞のがん、となります。PET、CTの検査結果からは、すべての可能性がありますが、肺がんで左右同時というのは相当進行しているはずで、多臓器転移がない、呼吸困難がないというのはまれと思います。リンパ節がはれるのはいずれの疾患でもみられます。目のかすみからは、サルコイドーシスを疑います。生検しないと正しい判断、治療が開始できませんので、がんばってください。ちなみに目に飛んでいるもの、というのは飛蚊症だとおもいます。これは上記の病気と無関係と思います。

訂正・差し替え 腫瘍分野の新たなグローバルリーダーを目指し、大鵬薬品が8種類の新しい抗がん化合物に関するデータを発表 – QLifePro医療ニュース (プレスリリース)

訂正・差し替え 腫瘍分野の新たなグローバルリーダーを目指し、大鵬薬品が8種類の新しい抗がん化合物に関するデータを発表
QLifePro医療ニュース (プレスリリース)
日本で実施されたTAS-102の臨床第2相試験では、転移性大腸がん患者における生存期間の改善が示されました。大鵬薬品はこの第2相試験から得た心強い結果を受け、15カ月以内にグローバル第3 TAS-2913は内皮増殖因子受容体(EGFR)変異型に対して選択的な阻害作用を示す化合物で、in

and more »

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る