肺がん 検査 料金の最新NEWS

スポンサードリンク

肺がん 検査 料金がちょっと気になっています。

Q:人間ドックのコースが沢山ありすぎて、どれを受けたらいいか教えてください。21歳女子です。毎日怠かったり、気持ち悪かったり、苦しかったりします。病院に行こうと思いますが、何科なのかさっぱり分かりません。学生でも会社員でもないので、定期的な健康診断はありません。また、引っ越したばかりで、かかりつけの病院もありません。そこで、人間ドックをしようと考えました。人間ドックについて何も知らないので、調べてみると沢山コースがあり、どれを受ければいいか分かりません。(一例:人間ドック・脳ドック・心臓ドック・レディースドック・婦人科検診・乳がん検診・PET検診・胃がん検診・大腸がん検診・子宮がん検診・肺がん検診)初人間ドックなので、頭からつま先まで、全部いっぺんに調べたいです。料金も料金も、いくらかかっても構いません。基本が「人間ドック」で、○○検診はオプションなのでしょうか?人間ドック+婦人科検診&乳がん検診&PET検診&胃がん検診&大腸がん検診&子宮がん検診&肺がん検診ができる病院を探せば良いのでしょうか?http://dock.cocokarada.jp/ここの、「早見表から検査を探す」で、全部の検査にチェックを入れたら、ヒットは0件でした。。。検査ごとに病院を変えろという意味なのでしょうか?
A:人間ドックとか、がん検診など、予防医療の分野で仕事をしている者です。数々の医療機関の検査内容を見ていますが、結論から言うと、お探しのようなすべての検査を含むような検査コースは存在しないと思います。なぜかと言うと、MRI、CT、PETと呼ばれる画像診断の機器をすべて揃えるだけでも、数億円という莫大な設備投資が必要です。また、それぞれの機器で得られた検査画像などをちゃんと専門的に見ることができる、それぞれの分野の医師を確保することは、一つの病院では不可能に近いです。かなり大きな大学病院とかなら可能かもしれませんが、それだけの設備と医師を一人の検査に割り当てることは、なるべく多くの人の健康・命を救うという医療的倫理の視点でも、経営的観点でもありえないと思います。なので、どうしても出来る限りの検査をしたいと言うことなら、復数の病院を受診せざるおえません。しかし、まだ、21歳という年齢でしたら、最初から、そこまで細かく検査を受ける必要はないのではないかと思います。一番、おすすめの方法は、総合病院に電話して、症状を伝えて、何科を受診すれば良いか聞くのが良いと思います。病院によっては、初診外来のようなものがあって、そこで、一度、症状などを聞いた上で、専門外来を紹介する方式のところもあります。また、どうしても人間ドックを受診して安心したいというのでしたら、人間ドックに若年でもがんの発症リスクがあると言われる、乳がん検診・子宮がん検診が含まれたコースをまずは受診して、その検査の医師との面談の中で、症状を相談して、別の検査、もしくは、どこかを受診するべきか聞いたい方が良いかと思います。(なので、ドックを予約する際に、ちゃんと医師との面談時間が取られるのかどうかを必ず確認した方が良いです。その時に相談とかできるのかについても確認が必要です。)しかし、一番は、まずは、病院を受診することです。体調が思わしくないとのことですので、すぐに受診された方が良いと思います。基本的に、人間ドックとか検診とかは、決められた疾患を狙って調べているだけです。つまり、決められた疾患以外はほとんど調べられていません。何かしら、症状があって、その原因はなんなのか?それを治すにはどうしたら良いのか?というアプローチについては、やはり、病院に掛かるしかなく、あなたの状況からして、こちらの方が、良い方法だと思います。自治体によっては、医療関係の相談窓口で医療機関を紹介するサービスを行っているところもありますので、そのようなところに相談するのも良いかと思います。(役所に電話して聞いてみると良いと思います)

協和キリン 非小細胞肺がん用薬ARQ197の国際共同フェーズ3中止 – ミクスOnline

協和キリン 非小細胞肺がん用薬ARQ197の国際共同フェーズ3中止
ミクスOnline
協和発酵キリンは10月30日、進行または転移性の非小細胞肺がんを対象にした、抗がん剤エルロチニブを併用したARQ197(一般名:tivantinib)の国際共同フェーズ3(「ATTENTION試験」 実施地域:日本、韓国、台湾)の中止を決定したと発表した。8月に間質性肺疾患の発生

and more »

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る