陽子線 がん治療の新着クチコミ

スポンサードリンク

陽子線 がん治療のことがなんとなく気になりませんか?

Q:「名古屋に建設中の総合病院凍結」 これは造ればいいと思うのですが。名古屋に建設中だった病院が市長によって凍結となったそうです。市長によると「救急などに手をまわすため」、他にも陽子線でのがん治療について「保険がきかないから意味がない」などの意見があるそうです。でも、その病院は陽子線治療だけでなくさまざまな医療施設(?)がある大きな病院ですよね。これは普通に多くの人々にとってはありがたい病院だと思うのですが。。。今は無駄なダム建設などの問題がいろいろありますが、この病院建設は決して無駄にはならないと思います。名古屋市内の人だけじゃなく、いろいろな所からくる人もでてくるでしょうし、高度な医療施設が整っているのだから研修医(?)の方達にも多いに勉強になるのでは?この病院は別に建設してもいいと思うのですが、どうなんでしょう。
A:近年、医師や医療関係者の不足が社会問題になっていますが、その大きな原因のひとつは病院を作りすぎたことだと言われます。ひとつの病院の勤務医・医療関係者の数を増やし、ひとりひとりの負担を軽くしたほうが、労働環境の改善にもつながりますから、むやみに新しい病院を作ることには反対です。

陽子線治療の可能性探るセミナー 松本 – 中日新聞


中日新聞
陽子線治療の可能性探るセミナー 松本
中日新聞
甲信地方で初めてとなるがん陽子線治療施設を来秋に稼働する松本市の相沢病院は二十一日、「第一回陽子線治療セミナー」を同市内で開いた。「切らずに治す」と注目されている陽子線治療の第一人者らが、治療の基礎から最前線の医療状況を語り、可能性を探った。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る