重粒子線治療を調べました

スポンサードリンク

こんにちは、今日は重粒子線治療についてです。

Q:すい臓がんの重粒子線治療について質問です。私の主人51歳男性です。4月末に急に黄疸が出て検査したところ膵頭部ガンでステージⅣ、手術は出来ないと言われました。重粒子治療を考え千葉の放医研に問い合わせたところ黄疸を取る処置として入れた金属ステントがあると受けられないと言われました。他に手だてはなく来週からジェムザールによる化学療法が始まりますが主治医からは薬物療法も最初は効き目があっても次第に効かなくなると言われました。それならばやはり重粒子を受けさせたいと思いもしも可能なら金属ステントをプラスチックに変えるか胆道のバイパス手術をしても踏み切るべきなのか考えています。こちらは地方におりますので重粒子を受ける場合は千葉まで出向かなければなりません。そもそも化学療法をしてから重粒子治療を受けることは可能なのでしょうか?よろしくお願い致します。
A:ステントの交換は入れ替えたプラスチックステントが万一つまると具合が悪いので、患者の負担は相対的にやや大きいが、術後の胆汁排泄機能不全がより少ないであろう胆道バイパス手術を受けるほうが良いのかもしれないと思います。私見です。化学療法をしてから重粒子線治療を受けることが可能かどうかは問い合わせられた千葉放医研の先生にもう一度尋ねられるのが一番確実です。重粒子線治療を受けることを決断されたなら、入院治療になるようです。費用は300万円以上かかるようですから、そこも確認してください。その他、生命に関わる重大案件ですので具体的質問は専門家に尋ねてください。http://www.nirs.go.jp/hospital/index.shtml

最終案2月に公表 県、来年度予算調整開始 – 佐賀新聞

最終案2月に公表 県、来年度予算調整開始
佐賀新聞
主な新規事業では、5月の重粒子線がん治療施設開設に伴い、公的保険適用がなく高額な治療費の一部補助などによる「がん先進医療受診環境づくり事業」に1810万円、荒廃森林拡大防止対策事業に3400万円など。 政府予算編成が1カ月遅れているため、歳入の地方交付

and more »

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る