肺がん 陽子線治療を調べました

スポンサードリンク

肺がん 陽子線治療がちょっと気になっています。

Q:肺がんについて、重粒子線治療、陽子線治療。今セカンドオピニオンで話を聞いたりしています。肺がんと二ヶ月前に診断され、転移はありませんでした。がんの大きさは4cmです。急がないと転移の危険もあるとのことでした。初めは放射線治療を勧められその後、重粒子の治療のことも知りました。しかし、長い間糖尿病を患っており、重粒子の治療にもリスクがあると言われます。パワーが弱い陽子線がいいのかというとそうでもなく。放射線がいいわけでもなく、なんだかわからなくなってしまいました。がんセンターは総合病院ではないので、糖尿病とのことで問題があると困るのか。主治医がいないと不安なのか。そもそも、糖尿病だと危険がどれくらいあるのか。色々、話を聞くのですがよくわからないです。。少しでも早く治療をしたいと思うのですが、糖尿病である場合どの治療が最適なのでしょうか。他に緑内障で視力障害もあります。なんでもいいので、わかることがありましたら教えてください。長々とすみません、よろしくお願いします。
A:セカンドピニオンとしてお話を聞いておられると言うことですが、肺がんで2ヶ月前に確定診断、4cmということであれば、そう待っていられません。リンパ転移や胸水出てきたりすると選択肢はどんどん減ってしまいます。リスクに関する考え方ですが、糖尿病をお持ちとのことであれば健康人よりは何らかのリスクが増えるのは仕方がないことだと考えてはいかがでしょうか?また、見方を変えますとリスクのない治療は無いとも言えます。「治療に伴うリスク」「完治の可能性」「治療後の生活の質」これらを全て考えて、ご本人様にそのとき最適な治療法にたどり着くことが重要です。そういった意味でもまずは専門医に相談をしていくことをおすすめします。重粒子線治療でしたら適用幅も広く実績が最も多い放射線医科学センター病院の外来を訪ねてはいかがでしょうか。研究所内ですが電話相談も出来る通常の外来受付の病院です。放射線医学総合研究所 医科学センター病院http://www.nirs.go.jp/hospital/index.shtmlご快復をお祈りしています。

金子哲雄氏「癌との戦いは情報戦。いかに良い医者探せるか」 – ニコニコニュース

金子哲雄氏「癌との戦いは情報戦。いかに良い医者探せるか」
ニコニコニュース
10月2日、肺がんの一種である肺カルチノイドのため亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄さん(享年41)。女性セブンの隔週連載「『 9月上旬の男性週刊誌に、作家のなかにし礼さんが陽子線治療によって、がんを克服した記事が載り、話題を呼びました。それからわずか3日

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る