重粒子線の最新ランキング

スポンサードリンク

重粒子線について調べてみました。

Q:2011年7月子宮筋腫を腹くう鏡で手術したときに子宮体癌がわかりました子宮は摘出したのですが筋肉部に移転、類内膜癌と診断されました3期でした大きな血管のそばなので手術はできないとのことでファルモルビシン、タキソール、カルボプラチンを約3週間おきに3回を3クール続けました2クールめまでは縮小していたのですが3クールを終了後の先週のCTで腫瘍が大きくなりそれに押されて腎臓も腫れているとのこともう薬がないといわれましたしかしあきらめられるはずもありませんなにか情報をお持ちの方重粒子線、陽子線治療に関して身近なかたが受けられたなどなにかご存知の方なんでも結構です情報をいただけませんか宜しくお願いいたします
A:早くセカンドオピニオンにしてください。主治医にセカンドオピニオンしたいと依頼してください。主治医は、紹介状を書き、治療経過や検査結果を用意してくださいます。それらを用意していただいている間に、行きたい病院や医師を探して予約します。病院によりますが、30分5000円~ぐらいです。病院や医師の経験で考え方が違います。セカンドだけじゃなくサードもふまえて書類は用意していただきましょう。病院は、系列を変えたほうが良いです。公立と私立とか。抗がん剤だって、まだあります。頑張ってください。

重粒子線でがん治療、佐賀の施設完成 13年5月に開業 – 日本経済新聞


西日本新聞
重粒子線でがん治療、佐賀の施設完成 13年5月に開業
日本経済新聞
がんの患部に放射線(重粒子線)を当て、切らずに治療する「九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)」の建屋が15日、佐賀県鳥栖市に完成した。同様の施設は千葉、兵庫、群馬の各県にもあり、国内で4カ所目となる。来年5月に開業し、同7月に治療を始める予定。
「サガハイマット」の建屋公開 九州初の重粒子線がん治療施設西日本新聞
重粒子線がんセンター、3階建て施設完成佐賀新聞

all 7 news articles »

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る