陽子線治療 施設をめぐって

スポンサードリンク

こんにちは、今日は陽子線治療 施設についてです。

Q:「名古屋に建設中の総合病院凍結」 これは造ればいいと思うのですが。名古屋に建設中だった病院が市長によって凍結となったそうです。市長によると「救急などに手をまわすため」、他にも陽子線でのがん治療について「保険がきかないから意味がない」などの意見があるそうです。でも、その病院は陽子線治療だけでなくさまざまな医療施設(?)がある大きな病院ですよね。これは普通に多くの人々にとってはありがたい病院だと思うのですが。。。今は無駄なダム建設などの問題がいろいろありますが、この病院建設は決して無駄にはならないと思います。名古屋市内の人だけじゃなく、いろいろな所からくる人もでてくるでしょうし、高度な医療施設が整っているのだから研修医(?)の方達にも多いに勉強になるのでは?この病院は別に建設してもいいと思うのですが、どうなんでしょう。
A:近年、医師や医療関係者の不足が社会問題になっていますが、その大きな原因のひとつは病院を作りすぎたことだと言われます。ひとつの病院の勤務医・医療関係者の数を増やし、ひとりひとりの負担を軽くしたほうが、労働環境の改善にもつながりますから、むやみに新しい病院を作ることには反対です。

闘う心(上)作家・なかにし礼 73年間は「助走」だった – MSN産経ニュース

闘う心(上)作家・なかにし礼 73年間は「助走」だった
MSN産経ニュース
食道がん治療に専念して7カ月、10月から元気な顔でテレビ番組のコメンテーターに復帰した。苦境に置かれてもこれまでと変わらぬ我(が)を徹底して貫く。その先に見えてきたのが放射線治療のひとつ、先進医療の陽子線治療だった。読書ざんまいだった療養生活から、小説や

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る