重粒子線治療の勝算は

スポンサードリンク

こんにちは、今日は重粒子線治療についてです。

Q:がんの治療は、進化していないのですか?先日、職場の上司(女性、50代)から、「数ヶ月前に乳がんで切除手術をした」と聞かされました。「転移をしているので、再発の可能性が高い」と、医師から宣告されたそうです。また、今後も暫く抗がん剤を飲むそうで、抗がん剤の影響で髪の毛が全部抜けてしまい、かつらをかぶっているとも聞き、とてもショックでした。その内容は、私の10年前の癌治療のイメージそのものです。最近、よく【重粒子線治療、陽子線治療、免疫療法】等耳にしますが、所詮高額な延命治療でしかないのでしょうか?。有益な情報で少しでも元気付けたいのですが、どうしたら良いのか判りません。詳しい方、なんでも良いのでお教え下さいませんか。
A:詳しいわけではありませんが検索してみましたとある病院の例重粒子線治療、300万円強陽子線治療、300万円弱免疫療法、投薬の回数による参考http://www.meneki-ryouhou.com/costs/http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/consultation/pbt.html#01_4高額すぎます数年前に親戚が乳がんで切除手術した時も抗がん剤の影響で髪の毛が抜けていました今もなお、全然進歩してないのにびっくりしました無事に退院されますようにお祈りしています

先進医療の分類を変更- 先進医療会議、厚労省の振り分け案を了承 – キャリアブレイン

先進医療の分類を変更- 先進医療会議、厚労省の振り分け案を了承
キャリアブレイン
粒子線治療は先進医療Aに―今後は費用対効果部会の動向を注視 同日の会合では、厚労省が示した先進医療A、Bへの振り分け案を原案通り承認した。そのうち、粒子線治療については、陽子線、重粒子線治療とも先進医療Aに振り分けることを提案。委員もこれを承認した。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る