肺がん 手術 費用の革命

スポンサードリンク

肺がん 手術 費用のことがなんとなく気になりませんか?

Q:自家ワクチンがん治療の有効性について、どう考えるべきか教えてください私の妻が、肺がんの初期(3センチ×4センチ)腺がんで昨年、肺の半分を摘出する外科手術を受けました。他への移転は現在ない状態で、その後、抗がん剤による治療を行っていましたが、肝臓への副作用が大きく中止。今は何もやっていません。主治医からは、抗がん剤を飲んでも再発率は5%位しか変わらないので定期健診のみと言われ、本人も希望がもてなくなっています。何か薬でも飲んで安心したいという心境です。インターネットで情報収集してみると「自家ワクチンがん治療」の有効性が載っていました。再発防止という効能から試してみる価値があるのでは?と思っています。本当に予防効果がある程度あるという事であれば、主治医に話をして、この治療を行う許可を取りたいと思います。まず判断として①副作用はないが、効果が客観的に説明されていない治療法に150万円の大金をかけるのか?②客観的に効果は証明されていないが、再発時、あの時やっておけば良かったと後悔しない為にやるべきか?③高額のお金は、もし再発した時の費用にとっておくべきか?どう判断すべきでしょうか?気持ちとしてやってあげられる事はやってあげたいと思っていますが、アドバイスをお願いします。
A:肺腺癌で病変最大径が4cm、遠隔転移なしですとリンパ節転移の情報はありませんが、ステージIb〜IIb程度と思われます。比較的高い5年生存率が期待できるステージです。化学療法を中止したのは、推測ですが副作用と効果(再発予防)を秤にかけた結果だと思います。「自家ワクチン」については知りませんが、効果は期待出来ない(立証されていない)と思います(本当に有意に再発予防効果があるのなら薬剤として認証されているはずです)。再発時には別系統の薬で化学療法をする可能性が高いですし、費用がかかることになるでしょう。自分の親ならさせません。

男孩患碎骨症做手術花13萬僅能報銷6千 – 香港新浪網


香港新浪網
男孩患碎骨症做手術花13萬僅能報銷6千
香港新浪網
兩個孩子現在的情形已經比往年好了很多,這得益於他們從去年以來在天津動的兩次手術。 在56網攜手“人人公益”發起 …. 只是讓人憂心的是,兩個孩子在成年前,根據身體的生長發育情況,每隔兩三年就要動一次手術,上一次手術過後,還欠了大姑5萬多元錢,下一次手術費用又從哪里來

and more »

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る